ホームスタートの広がり

 ホームスタートは、1973年にマーガレット・ハリソン氏によりイギリスで始まった活動で、現在ではヨーロッパをはじめカナダ、スリランカ、アフリカ、オーストラリアや日本など、世界22か国からなるホームスタート・ワールドワイドが組織され活動を展開しています。

 

 日本では2006年からホームスタート・ジャパンの活動が始まり、イギリスなどを訪問しての調査研究や試行が始まりました。2009年にホームスタート・ジャパンがNPO法人となり、現在では、東北、関東、中部、関西、四国、九州など58か所(2013年12月現在)で活動が行われています。

 

 主な活動団体は、子育て支援拠点やファミリーサポートセンター、保育園や児童養護施設などを運営するNPO法人や社会福祉法人、社会福祉協議会などです。また、ホームスタートの活動を始めるために有志が集まり、新たに団体を設立した地域もあります。